phpの配列からjsonを作成する方法と、phpにjsonを読み込んで配列として使用する方法を紹介します。
意外に使うシーンが出てきますので、覚えておいて損はないことないですので、備忘録として書きます。


phpの配列からjsonファイルを作成する

phpの配列からjsonファイルを作成するには「json_encode」と「file_put_contents」を使用します。連想配列でもjsonに変換することができます。

「json_encode」と「file_put_contents」についての詳細なマニュアルについては、以下をご確認ください。

簡単な例を書いていますので、参考にしてみてください。


$array                                                  // 配列
$json = json_encode($array);                // 配列をjson形式に変換
file_put_contents('array.json',$json);  // array.jsonを作成


jsonファイルを読み込んでphpで使用する

jsonファイルを読み込んで、phpの配列を作成するには「file_get_contents」「mb_convert_encoding」「json_decode」を使用します。

「file_get_contents」「mb_convert_encoding」「json_decode」についての詳細なマニュアルについては、以下をご確認ください。

下記に簡単な例を書いています。


$file = file_get_contents('array.json');                                                             //jsonファイルを取得
$data = mb_convert_encoding(file, 'UTF8', 'ASCII,JIS,UTF-8,EUC-JP,SJIS-WIN'); //文字コードをUTF-8に変換する
$array = json_decode($data,true);                                                                    //jsonを配列に変換する。trueにすると連想配列になります。


最初にphpの配列からjsonファイルを作成したり、jsonを配列としてphpで使ったりするときには結構苦労したので、記事にしました。みなさんもぜひ活用してください。